介護施設(特別養護老人ホーム)について

main-img

「介護施設」は、公的なものと民間で運営するものの2種類に大別されます。


公的なものとは、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、介護療養型医療施設のことを言います。
民間で運営するものは、有料老人ホームやサービス付高齢者向け住宅などを言います。
ここでは、特別養護老人ホームについてご紹介したいと思います。

特別養護老人ホームは、基本的に65歳以上の要介護3以上の認定を受けた、在宅生活が困難な方が入所し、生活に必要な食事や排せつ、入浴、その他のケアを受けながら生活する介護施設です。



入所申し込み方法は、施設に直接出向き、生活相談員などの職員に、面談を受けながら入所申込書を記載することになります。



受理された時点で、入所待機者となりますが、施設で行われる入所判定会で、入所対象者と判定されない限り入所はできません。



申し込み順ではなく、一人暮らしや高齢者世帯の方が優先順位が高くなります。

特例として、虐待ケースを発見した場合には、保険者の長の判断により、保護入所の場となる場合があります。

入所された方は、施設に勤務するケアマネージャーに、施設生活の目標や希望に合わせてケアプランを作成してもらい、実際にケアを受けながら生活が始まります。
利用料金は、一般的に10万円以下で済むところが多いですが、所得合計により居室料と食費が減免される方もいます。
比較的安い利用料で、生涯入所できる介護施設ですので人気が高く、待機者は約300〜500人いる現状です。

福祉の秘訣

subpage01

介護施設のひとつ、入居系施設とは、文字通り、利用者がその施設に長期的に、あるいは短期的に入居して生活する施設のことです。長期的に入居する施設としては、特別養護老人ホームが代表的な施設として挙げられます。...

more

意外な真実

subpage02

介護施設の運営を正常に行うためには、勿論、資金繰りが順調であることが大切です。しかしそれと同じくらいに、そこで働く人の人数が安定していることも大切なことです。...

more

最新情報

subpage03

介護施設を利用するとなった際にどれくらいの費用が必要かと言うのは、一概に言うことはできません。これは介護施設の種類や設定されている料金などにより異なることが前提となっているためです。...

more

福祉の基本知識

subpage04

日本にはとてもたくさんの介護施設があります。しかし、中には「自分の親の面倒は自分たち家族で見るのが当然。...

more